MENU

服を捨てる場合の分別は?燃えるゴミか粗大ごみか、それが問題だ。

服,捨てる,分別

服を捨てる場合の分別ってどうすれば良いのでしょうか?
燃えるゴミか粗大ごみか、どちらにしようか迷うという方も多いのではないでしょうか??

 

「洋服を捨てる場合の分別は?燃えるゴミか粗大ゴミか、それが問題だ。」ということですが、確かに多くの人が、こうしたときには、瞬時には判断できない点があります。

 

洋服を捨てるということからすれば、大きさからすると、粗大ゴミという扱いになることは、まず考えられないこととなります。
万が一、そのような取り扱いをする市区町村や自治体があれば、裁断して大きさを調整し、燃えるゴミにすれば、問題は解決します。

 

ただ、この場合に注意することは、一度にたくさんの処分をすることになると、回収ということで支障を来しますので、出す量に関しては多少セーブして、何日にか分けて対処するのが望ましいと言えます。

 

最近は、リサイクルということから、洋服が対象となっている市区町村もありますので、この点は確認が必要です。
もちろん、前述の方法で燃えるゴミとして捨てることも可能ですが、リサイクルは使える資源は再利用しようという趣旨ですから、その趣旨に従って、協力するのがいいわけです。
リサイクル目的で収集された服は世界の服を必要としている方たちに渡されることが多いようですね。

 

今、日本だけに限らず、世界レベルで、資源の問題などが取り上げられていますから、このあたりもしっかりと理解する必要もあります。
より良い社会を実現するために、洋服などのリサイクルにも協力するというのは、とても良いことになります。

 

ただ、付け加えると、ものがあふれている現代ですが、不要なものまでは買う必要はありません。
本当に必要なものを必要なだけ買うという姿勢がその前に大事なことになります。

 

もう使わない物は使いたいと思っている人に回してあげる、そんな方が多くなることを祈っています。


このページの先頭へ